二人もバテてババ平から槍ヶ岳山荘へ・槍ヶ岳から大キレットを通り前穂高岳縦走・素人登山体験記

家族旅行の窓口(ホームへ)> 上高地> 槍ヶ岳から大キレットを通り前穂高岳縦走> ババ平から槍ヶ岳山荘へ

上高地からババ平にコースタイムより1時間も早いペースで着きました。、しかし、ここからが大変でした。2人ダウンして大幅なペースダウン。槍ヶ岳山荘に着いたのは14時40分と4時間で行くところ4時間10分かかりました。

ババ平から槍ヶ岳山荘へ

槍沢の登山道
紅葉始めた槍沢の登山道

ババ平10時30分出発

どんどん沢沿いの道を登ります。

前来た時は雪渓が結構あったんですが、さすが9月、もうほとんどありません。

11時水俣分岐

おおっとなんと、一番体力のあるはずのA氏がダウン。
えええっていう感じです。

少し休みます。

体の疲れが取れていないとか、でも一番若いのに。 単独行は一番多いはずです。

天狗原分岐
天狗原分岐

天狗原の分岐が11時40分です。

A氏の体力はなかなか回復しないようです。

結局お昼を食べることに。

12時前に出発、少しは早いペースですが…・

手前の水場
手前の水場

水場が12時25分、ここで休憩とともに、水汲みです。

槍沢の斜面の紅葉
槍沢の斜面の紅葉

結構紅葉も始めています。

県警のヘリ
県警のヘリ 救助の文字が

少し行くと県警のヘリが飛んできました。えらく高度を下げています。

残り二人は写真を撮れって叫ぶので撮りますが、何か紙を持っているみたいでよくわかりません。

あとで見ると救助とかいていました。手を振らなくてよかった。
というか、こんな平坦地でどうしたんでしょうか。
こちらは普通のルートを歩いているのに、迷うところもないし、心筋梗塞か脳梗塞の方でも出たんでしょうか。

グリーンバンドと槍ヶ岳
グリーンバンド手前から槍ヶ岳

13時前、グリーンバンド、遠くにやっと槍ヶ岳が見えてきました。

播隆窟の前から槍ヶ岳
槍ヶ岳。隣に小さく槍ヶ岳山荘。右下は播隆窟

13時10分、播隆窟の洞窟到着

すぐにA氏が休みたがります。

ここからが槍ヶ岳山荘に向けての死のロードです。

コースタイム1時間半

大きくなってきた槍ヶ岳と槍ヶ岳山荘
大きくなってきた槍ヶ岳と槍ヶ岳山

なかなかゴールは遠いです。登も急登です。

槍ヶ岳山荘への急登
槍ヶ岳山荘への急登

ここでBさんもダウン。うーん、体力だけはあったのに…・
2年前の飛騨沢ルート槍ヶ岳1泊2日登山の時には最後新穂高の臨時駐車場まで車を取りに行ってもらったのに


槍ヶ岳殺生ヒュッテとテント村通過

殺生ヒュッテとの分岐を13時40分

槍ヶ岳まで、900メートルの白いペンキが14時です。

槍ヶ岳山荘への最後の登り
槍ヶ岳山荘への最後の登り

ここから200メートルごとに行くことに、そのたびに5分休憩です。
もう2人はよれよれ、フラフラです。
普通は2日間のルートなので、当然なんですが、しかし、前は平気で来たのに。
体調が2人とも悪いみたいです。

14時40分槍ヶ岳山荘に倒れこむように到着です。

槍ヶ岳山荘手前から登山道を振り返る
登ってきた槍沢登山道、下に見えているのは槍ヶ岳殺生フュッテ、さらに遠く小さい左上赤い屋根はヒュッテ大槍

次は夕方でも大渋滞の槍ヶ岳・槍ヶ岳から大キレットを通り前穂高岳縦走・素人登山体験記です。

3000メートル級登山時間一覧表参考にしてください。

2年前の6月に行った1200メートルの鈴鹿の御在所岳の登山体験記はこちら

紅葉の鈴鹿竜ヶ岳はこちら

 

お得なテント用品ザックシュラフガスコンロ・ストーブ登山靴トレッキングシューズ集めました。

 

持って行ったお勧め書籍

子連れ家族で行く愛知近郊 猿投山、三ツ瀬明神山、富士山等のハイキング体験記満載

家族旅行の窓口(ホーム)