奥穂高岳からジャンダルムへ・素人登山体験記

家族旅行の窓口(ホームへ)> 奥飛騨温泉> ジャンダルム> 奥穂高岳からジャンダルム縦走体験記

ジャンダルムに9月24日日曜日に行ってきました。穂高山荘から奥穂高岳・ジャンダルム・西穂高岳と通常ルートの逆ルートです。大変なルートでしたが、何とか縦走できました。

奥穂高岳へ

5時30分に穂高山荘を出発奥穂高岳への最初の登りの急登です。

穂高山荘から朝の奥穂高岳の登り
穂高山荘から朝の奥穂高岳の登り

道は渋滞しておらずはしごを次々に登ります。

振り返って涸沢岳と穂高山荘のテント場
振り返って涸沢岳と穂高山荘のテント場

後ろには涸沢岳と北穂高岳が見えます。
約30分で奥穂高岳へ到着。
相変わらず、頂上の祠の前で写真撮影の列が出来ていましたが、今回は無視。

馬ノ背

奥穂高岳からジャンダルム方面ルート
奥穂高岳からジャンダルム方面ルート

奥穂高岳からジャンダルムはすぐ。
そして、奥穂高岳から続いているのが馬ノ背。
ジャンダルムルートの最難関です。

馬ノ背へ出発
馬ノ背へ出発

6時に出発です。

馬ノ背からロバの耳・ジャンダルム
馬ノ背からロバの耳・ジャンダルム

目の前に今日のハイライト馬ノ背が見えてきました。
ここは、下るときが高度感があって一番怖いとのこと。

馬ノ背から奥穂高岳を振り返る
馬ノ背から奥穂高岳を振り返る

振り返ると本当に奥穂高岳がすぐです。

左下は上高地と焼岳乗鞍岳
左下は上高地と焼岳乗鞍岳

馬ノ背の左側は切り立っています。
上高地から見えている尾根はこの尾根です。
遠くに焼岳と乗鞍岳が見えています。

馬ノ背を上から見る
馬ノ背を上から見る

この下りを降りていきます。

馬ノ背の下り
馬ノ背の下り

ここを下ります。
下向きの人も逆に向いて背にして降りていく人もいろいろです。
こんなに次々に人がいるとは思いませんでした。
足をかけるところや手をかけるところはたくさんあり、思ったよりも楽に降りられました。
ただし、岩が取れそうなのもたくさんありました。
完全に1つの岩に体重をかけるのは危険です。 3点確保は確実にする必要があると思いました。

下から見たナイフエッジの馬ノ背
下から見たナイフエッジの馬ノ背

下から見ると本当にナイフエッジです。
6時20分に降り切りました。
今日のハイライトは奥穂高岳から20分で済んでしまいました。
最もここからも危険ルートは続きます。

ロバの耳の手前から馬ノ背を振り返る
ロバの耳の手前から馬ノ背を振り返る

馬ノ背の全貌と後ろは奥穂高岳です。

ジャンダルム

ロバの耳の下の登り
ロバの耳の下の登り

次はジャンダルムです。
先を見るとまたすごい崖を登っています。
とりあえず下ります。

ロバの耳手前の下り
ロバの耳手前の下り

下ったところを振り返るとこんな感じです。

ロバの耳の登とトラバース道
ロバの耳の登とトラバース道

うーん、さすがジャンダルム。国内最難関ルートだけはあります。
メインイベント済んでもまだまだ難ルートは続きます。

ロバの耳の登り
ロバの耳の登り

このルートを両手両足で登ります。

ロバの耳の鎖場
ロバの耳の鎖場

鎖も少し細いです。

ロバの耳の下のトラバース道
ロバの耳の下のトラバース道

ここをトラバース。
結構怖いです。
まあ足元はしっかりしているんですが。

トラバースから振り返ると
トラバースから振り返ると

こんな感じを登ります。

トラバースを終えて登ります。
トラバースを終えて登ります。

ロバの耳には登りませんが。

登ってきたところを振り返ります。
登ってきたところを振り返ります。

ジャンダルム
ジャンダルム

目の前に見えますが、人のいるところを左側に回り込みます。
直登はロックラコースです。

ジャンダルム上高地側をトラバース
ジャンダルム上高地側をトラバース

ここは狭い登山道です。

振り返るとこんな感じです。
振り返るとこんな感じです。

向こうに回り込んだ後に新穂高温泉側からマークに従って登ります。

ジャンダルム頂上と黒い天使と槍ヶ岳
ジャンダルム頂上と黒い天使と槍ヶ岳

ジャンダルム頂上到着7時です。
奥穂高岳から1時間、穂高山荘から1時間半でした。
北側には槍ヶ岳をはじめ北穂高岳とか北アルプスの山々が見えています。

奥穂高岳
奥穂高岳を振り返ります。

2年越しの挑戦でここまで来ました。

次はジャンダルムから西穂高岳
2年前の槍ヶ岳から大キレット穂高連峰縦走体験記はこちら
でもここからまだまだルートは続きました。

3000メートル級登山時間一覧表参考にしてください。

4年前の6月に行った1200メートルの鈴鹿の御在所岳の登山体験記はこちら

紅葉の鈴鹿竜ヶ岳はこちら

 

お得なテント用品ザックシュラフガスコンロ・ストーブ登山靴トレッキングシューズ集めました。

 

持って行ったお勧め書籍

子連れ家族で行く愛知近郊 猿投山、三ツ瀬明神山、富士山等のハイキング体験記満載

家族旅行の窓口(ホーム)