バジェットレンタカーで借りる
ゴールドコースト子連れ家族旅行体験記

家族旅行の窓口(ホームへ)>海外旅行>ゴールドコースト・レディエリオット島子連れ家族旅行体験記>バジェットレンタカーで借りる体験記

ゴールドコースト国際空港でバジェットレンタカーをレンタルしました。駐車場の暗証番号がどれかわからずに苦労しました。
まだ間に合うお得なホテル ゴールドコースト子連れ家族旅行準備体験記はこちら

バジェットレンタカーを借りる

サーフサイドバスの奥がレンタカー置き場の写真
サーフサイドバスの奥がレンタカー置き場の写真

ゴールドコースト国際空港で入国審査を終えて、国内線ターミナルに移動します。
外には売店はほとんどありませんでした。
レンタカーの表示をもとに、国際線から国内線ターミナルに入って、バジェットレンタカーを探します。


すぐにありました。

こちらが交渉しているうちに、子供達はトイレで着替えます。

バジェットレンタカーのカウンターの前で名前を言って、ジェットホリデーの予約の紙を見せます。

係りの人が、書類を持ってきて、見せてくれます。

更にしつこく、AU$2750と書いてある、書類をみて、しきりに言います。

何のことかさっぱりわからないんですが・・・

良く書類を見ると、何か事故を起こしても、レンタルした車両の損害の支払いが2750ドルまで、しか払わなくて良いと言う免責条項の保険という物でした。1台
これ以上かかる事はそんなに無いでしょう。
英語の保険はわかりません。特にオーストラリアなまりは良くわかりません。

難しくて。

バジェットの特別割引のイミディエイトのレンタカー代金が364ドルだったのが保険を入れると何と、596ドルまで上がりました。

おいおい、これじゃ日本で買ったのとそんなに変わらないのではないか・・・・

もっと安いのは無いのかと聞くと無いとの事。

泣く泣く、これで契約しました。

さらに、いろんなことを言われましたが、4列目のところにあるというのしか、わかりませんでした。

そして、パパも着替えます。

夏なのにそんなに暑くないので、薄手の長ズボンに長袖のブラウスにティーシャツを下に着て出発です。

子供達はTシャツに短パンです。

バジェットレンタカーの三菱ランサーに乗車

通路を横切って、たてに1列2列と数えて、4列目をずうっーと横に。バジェットと書かれているのを見ていくと、番号がありました。

ヒュンダイクラスとあったのですが、三菱ランサーでした。
トランクを開けると小さいです。スーツケースは大きいのを2つ持ってきたのですが、これで入るんだろうか、と、疑問に思いました。

ヒュンダイなら楽々入ったのに。
三菱ランサーのトランクには何とか、スーツケース2個入れました。

車の座席に置くわけにもいきません。三菱ランサーはトランクが小さいです。
このクラスはトランクは3ッつくらい入りそうだとあったのですが・・・

今回はフロリダの右ハンドルと違って、慣れた、左ハンドルです。操作は楽です。

しかし、なんと、駐車場の出口で、清算機がありました。「えっ、何これ、前回はこんなのなかったぞ・・・」

番号を押せばよいみたいです。レンタカーを借りる時にどの番号を押せばよいか言ってくれているはずですが、良く聞こえませんでした。皆さんは、確認してください。

番号がいろいろあって判りません。

慌てて、少し離れた所にいた守衛のおッちゃんに走って行って言うと笑って開けてくれました。

後ろに車が4台くらい止まっていました。後ろの車の方ごめんなさい。

天気は晴れ。絶好の旅行日和です。

次は、カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリです。

お勧め図書

ゴールドコースト・レディエリオット島子連れ家族旅行体験記