北穂高岳から穂高山荘まで縦走は想像以上に危険・槍ヶ岳から大キレットを通り前穂高岳縦走・素人登山体験記

家族旅行の窓口(ホームへ)> 上高地> 槍ヶ岳から大キレットを通り前穂高岳縦走> 北穂高岳から穂高山荘まで縦走

超満員の北穂高小屋を、5時15分に出発、北穂高岳から穂高山荘まで、縦走しました。危険度は下手したら大キレットよりも危ないかも。涸沢岳までが疲れました。

北穂高岳から涸沢岳は危険

北穂高小屋より槍ヶ岳を望む
北穂高小屋より槍ヶ岳を望む

薄明りの中北穂高小屋を5:15出発です。

北穂高岳に階段少し上がって写真タイム。

雲海がところどころ見えますが、今日は快晴です。

日はまだ登らないのでさらに歩きます。
上り下りして、テント場を左に見て、涸沢岳に出発です。

北穂高小屋のテント場
北穂高小屋のテント場、正面右が前穂高岳、その右は釣り尾根

少し行くと日が昇ってきました。5時30分。

雲海の中から日の出
雲海の中から日の出

富士山も見えました。
遠くに見える富士山

北穂高岳より少し行ったところから槍ヶ岳を望む
北穂高岳の先から槍ヶ岳を望む。こちらの方が大キレットよく見えます。

左から涸沢岳、奥穂高岳、前穂高岳
今日これからのルート右から涸沢岳、奥穂高岳、前穂高岳

目の前のルート
人が小さく左下に。今日のルートも大変

垂直に近い岩場を両手を使って下って、また登りです。きつい

結構上り下りが多いです。

尾根の上は結構切り立っています。危険。

更に下ります。大変です。

下ってきたルート
下ってきたルートを振り返る

下るルート
下るルート

下ってきたルート
下ってきたルートを振り返る

最低コル 6:15到着

水飲んでチョコレート食べます。

涸沢岳への登り
涸沢岳への登り

6:20出発

涸沢岳への列も結構長くなって渋滞してきました。

抜ける人は抜いていきます。

涸沢の紅葉とテント群
涸沢の紅葉とテント群

涸沢のヒュッテと色とりどりのテント群が見えます。

7月の海の日とは全然違います。 めちゃくちゃ多いです。

来た道を振り返るツインピークは北穂高岳
来た道を振り返るツインピークは北穂高岳

その横には槍ヶ岳が
その横には槍ヶ岳が

渋滞に並びながら写真を撮ります。

そして、鎖はしごを使ってどんどん高度を稼ぎます。

B氏いわく大キレットと危険度は変わらないと。

尾根に出たらあとは楽でした。

涸沢岳 7:20到着

涸沢岳山頂
涸沢岳山頂

下に見えるのが穂高山荘
下に見えるのが穂高山荘

記念撮影して、 7:25出発
ここの下りは簡単です。

穂高山荘
穂高山荘

穂高山荘 7:40到着

次は奥穂高岳から前穂高経由上高地・槍ヶ岳から大キレットを通り前穂高岳縦走・素人登山体験記です。

3000メートル級登山時間一覧表参考にしてください。

2年前の6月に行った1200メートルの鈴鹿の御在所岳の登山体験記はこちら

お得なテント用品ザックシュラフガスコンロ・ストーブ登山靴トレッキングシューズ集めました。

 

持って行ったお勧め書籍

子連れ家族で行く愛知近郊 猿投山、三ツ瀬明神山、富士山等のハイキング体験記満載

家族旅行の窓口(ホーム)