槍ヶ岳から大キレットを通り前穂高岳縦走・素人登山体験記

家族旅行の窓口(ホームへ)> 上高地> 槍ヶ岳から大キレットを通り前穂高岳縦走

ついに大キレット行ってきました。9月20日から9月22日の2泊3日、3000メートル峰は槍ヶ岳に始まり、大喰岳、中岳、南岳、北穂高岳、涸沢岳、奥穂高岳、前穂高岳と8峰、槍穂高地区制覇です。

大キレットと北穂高岳

大キレットと北穂高岳

シルバーウィークのうち3日間使い、槍から前穂高岳まで、大キレットを通り縦走しました。

1日目の上高地から槍ヶ岳までは3人中2人がダウンして、どうなるかと思いました。
槍ヶ岳の渋滞で日没になってしまって焦りました。
大キレットは思ったよりも怖くなく、北穂高岳から涸沢岳の縦走は考えていた以上に大変でした。

天気が3日間ともほとんど晴れたのはとても良かったです。 今回の参加者は7月の海の日に北穂高岳に行ったメンバー3人、さすがに高所恐怖症の方は今回はなしです。

ベテランA氏 40歳前後 一番若い 北アルプスの登山歴多し北穂高から穂高山荘の危険ルートの走破経験者、
槍1回、穂高は多数だと思う。一番体力あり、

初心者B氏 50前後 アルプス歴は上記の北穂高岳含めて3回
槍ヶ岳初心者登山体験記http://tosshiii.kt.fc2.com/yarishi00.html北岳・初心者3000メートル級登山体験記http://tosshiii.kt.fc2.com/kitadake00.html
その他計3回の鈴鹿経験者 御在所岳(鈴鹿)一番左側御在所岳裏道、竜ヶ岳

私の登山歴は家族旅行の窓口 にほとんど載っています。
元は槍ヶ岳登山子連れ家族旅行体験記で2012年に中2と小6の子供を槍ヶ岳にテント持って登りに行ったのが最初でした。2013年も上記リンク同行すなわち槍は2回
東海地区の低山登山多数奥穂高岳、 北岳2回、仙丈ヶ岳 です。
まあ、中学高校は山岳部だったので、その時はある程度登りました。

ここ2年間

上記リンクにあるように、2年前はお盆に1泊2日で
飛騨沢槍ヶ岳往復
昨年は1泊2日で北岳往復しました。
今年は1泊2日で北穂高岳を往復しました。

昨年以外は超ハードスケジュール今回は3000メートル4回目です。

9月20日
日曜日
晴れ

平湯アカンダナから上高地アクセス体験記

最初は楽々 上高地からババ平へ

2人もばてて ババ平から槍ヶ岳山荘へ

日没で大変槍ヶ岳渋滞体験記

超満員槍ヶ岳山荘宿泊・体験記

アカンダナ駐車場は3時半にしか開きません

最初は楽々飛ばしました。

長い距離で3人中2人ダウン

槍ヶ岳は日没で真っ暗に

槍ヶ岳山荘は1000名以上の宿泊客で超満員

9月21日
祝日
晴れのち曇り

思ったよりも大変槍ヶ岳山荘から南岳

大キレット縦走体験記

北穂高小屋宿泊は超満員で大変

何回もの上り下りはつらかったです。

思ったよりも怖くなかったです。

山小屋は1つの蒲団を2人で超満員

9月22日
祝日
晴れ

北穂高岳から穂高山荘へ

穂高山荘から奥穂高岳、前穂高岳、重太郎新道下山

思ったよりも大変でした

急坂でした

まあ、何とか槍ヶ岳から大喰岳、中岳、南岳、大キレット、北穂高岳、涸沢岳、奥穂高岳、前穂高岳、と3000メートル峰8峰登ってこれました。

大キレットは想像していたよりは簡単でした。北穂高岳から涸沢岳は大キレット並みに大変、槍ヶ岳山荘から南岳は簡単かと思いきやなかなか大変でした。
もっとも、小学生も歩いていましたが。
基本は槍ヶ岳山荘から槍ヶ岳の登りが普通に平然と上り下りが出来る人は問題ないと思いました。
この間で少しでも躊躇する人はやめた方が良いでしょう。
あと体力。下から槍ヶ岳まで1日で登れる体力がないとなかなか大変です。
という意味では今回2人もばてたので、大変は大変でした。

あと天気。悪ければもっと難易度は上がります。
今回は本当に天候に恵まれました。天気の悪い時に、このコース行きたくありません。

あと重太郎新道ですが、鎖はしご多数あり、下るのは大変でしたが、登るのはもっと大変、この道は登るのは苦しいです。
登は特に夏場、午後から雷なると上の方は逃げ場がないので、危険です。

今回は私は9月前半に北岳登り、それ以降3キロ10回は走りました。
やはり体力つけるのが大切とつくづく思いました。

3000メートル級登山時間一覧表参考にしてください。

2年前の6月に行った1200メートルの鈴鹿の御在所岳の登山体験記はこちら

紅葉の鈴鹿竜ヶ岳はこちら

 

お得なテント用品ザックシュラフガスコンロ・ストーブ登山靴トレッキングシューズ集めました。

 

持って行ったお勧め書籍

子連れ家族で行く愛知近郊 猿投山、三ツ瀬明神山、富士山等のハイキング体験記満載

家族旅行の窓口(ホーム)